転職情報

今、この業界・職種がおすすめ!

勝ち組みになるための、転職情報

2007年の団塊世代の定年とともに、あなたを取り巻く転職市場は活気づいているはずです。以前と比べて転職、就職しやすい状況といえますが、全ての転職希望者が満足する転職ができるとは限りません。あなたの職歴やキャリア、スキルに合った職種で、働き方や仕事の環境などマッチした企業を探し出すことが、転職成功の第一歩です。今おすすめの業種・職種はこちら。あなたのスキル、ワークスタイルとマッチしてますか?

転職市場の業界、職種の動向を知ることは、とても大切。またその各々において、必要とされるスキルや資格は何か?転職の武器となる資格やスキルを把握しておきましょう。


IT、不動産業界への転職

IT業界への転職は高い需要があり、人手が足りていない状況です。ITといえば深夜まで働き、お休みを取ることもなかなか難しい、というレッテルが貼られているため「ちょっと・・・」と転職先としては評判は芳しくありません。しかし、大手を中心に労働環境も改善に向かっているので、転職先としてもおすすめの業界です。積極的な採用を行っており、特にSEやコンサルタント業務のキャリアを持つ人が高く評価されています。→ITプロフェッショナルのための派遣キャリアサイト-パソナテック
転職 IT キャリアアップ

不動産業界においては、全般的に積極的な採用を行っています。また営業はノルマがあり厳しいという口コミもありますが、前職に関係なく未経験者も飛び込める職種であなたの力を試すことも可能です。専門性の高い職種は今までのキャリアが高く評価され、年収UPも期待できます。女性のきめ細かい気遣いや対応が評価され、転職し活躍している人も数多くいます。

宅建主任者受験講座
宅建や建物の売買、または賃借の代理や媒介などといった取引業務に欠かせない宅地建物取引主任者は、不動産業界、建設・住宅メーカー、土地を担保に扱う金融機関や顧客の資産設計を行う生保業界でも強く求められています。また、販売・サービス業、一般企業の総務・財務部門と、幅広く活躍できます。ちなみに、不動産業では、事務所ごとに社員5人に1人の割合で宅建主任者を置くことが義務付けられているので、そのニーズの高さはいうまでもありません。

中小企業診断士の資格
IT導入、都市開発、海外投資件案まで手掛けることもあり、注目されています。国が認める唯一の経営コンサルタント。中小企業診断士は、経営をあらゆる角度から診断・分析し、問題の解決を計ります。また、仕事内容、地位、収入面をワンランクアップしてくれる資格です。

宅建主任者受験講座
宅建や建物の売買、または賃借の代理や媒介などといった取引業務に欠かせない宅地建物取引主任者は、不動産業界、建設・住宅メーカー、土地を担保に扱う金融機関や顧客の資産設計を行う生保業界でも強く求められています。ちなみに、不動産業では、事務所ごとに社員5人に1人の割合で宅建主任者を置くことが義務付けられています。

システムアドミニストレーター
スピーディーな情報推進が求められる中、使いやすいシステム構築をしていくリーダー的役割を果たすのが、システムアドミニストレーター(シスアド)です。客観的な実力の証明となるこの資格を取れば、学歴、性別に関係なく様々な職場で活躍でき、大きな武器となります。

キャリアがあると高く評価されるIT、不動産業界ですが、職種によっては未経験者もチャレンジできるというチャンスもあります。過酷な労働環境も整備されはじめているので、そういった企業を見極めてミスマッチのない転職を行いましょう。


転職 資格 キャリア スキル

スキルアップと資格取得

生涯学習のユーキャンでキャリアップしよう
ユーキャンの通信講座なら安心、資料請求でキャリアアップ講座・資格をチェック。
しっかり勉強したいあなたに。【資格と教養のスクール】フォーサイト 資格 フォーサイト スキル
スクールで集中して資格取得を目指す。効率が高い勉強方法を。
通信教育80年の実績!がくぶん総合教育センター 資格 がくぶん
今すぐ仕事・技能を身につけられる通信講座、収入UPも近い。

このページのトップへ