退職願

退職願いの書き方をマスター

退職願いマニュアル

転職する前にやらなければいけないこと、それは退職願を出すことです。もちろんちゃんとした退職願いの書き方を知っている人はごくわずかでしょう。一体どうやって書くの?と不安に思う人もいるでしょうけど、大丈夫です。まずは、あなたの会社に専用の退職願いのフォーマットがあるかどうか確認しましょう。ない場合は、B5サイズの紙と無地の封筒を用意します。一般的に退職願いは履歴書や職務経歴書と違って、必要事項のみを記載していきます。必要事項は、


氏名、部署名、届け先、捺印
退職期日
届出年月日(退職願いを提出する日・届け先は社長)

必要事項は上記のようにとてもシンプルな内容になります。
退職願いと退職届の違いについてですが、退職届は退職願いが受理された場合使われる言葉です。一般的に退職願いの方が謙虚な印象を与えます。また、「辞表」とは部長や管理職クラスの人が退職するときに使用され、一般の社員が提出するものは「退職願い」と区別されています。ドラマでよく社員が「辞表」を上司に突き出すシーンがありますが、あれは間違いといえますね。

また、法律的に退職願は辞める2週間前には提出しなければいけません。いきなり会社を明日から辞めるというような自分勝手な行動はできないので、会社に対するマナーや仕事の引継ぎなども考慮すると、1ヶ月前には退職する意思を上司にきちんと伝える必要があります。

ごたごたしながら会社をあとにするより、周囲の人に対する気配りを持って「立つ鳥跡を濁さず」の精神で退職の準備に取り掛かりましょう。

退職願いの書き方、サンプルでチェック

転職する前の一仕事として、緊張しますが退職願を上司に提出する必要があります。その前にまずは上司と退職について相談しましょう。社会人として恥ずかしくないように退職のスケジュールを立て、一緒に働いてきた仲間や先輩、上司に迷惑がかからないようにすることがマナーです。退職願の書き方のポイントとサンプルはこちら。

■タイトル:退職願(中央に書く)
■書き出し:「私事」または「私儀」。タイトルから1行あけた次の行の最下部に書く。
■退職理由:一般的に「一身上の都合」とするのがベスト。
■退職期日:まずは上司と相談しましょう。有給消化や就業規則に沿って決定します。
■宛名:提出する先が直属の上司でも、宛名は社長にします。(※敬称は「殿」)



退職願いの書き方サンプル

退職願

                                                         私儀、
このたび、一身上の都合により、平成○○年○○月○○日をもちまして退職いたしたく、お願い申し上げます。

平成○○年○○月○○日


○○部○○○○課 

山田太郎 捺印

株式会社○○
代表取締役社長 ○○○○ 殿

退職願は理由などの詳細は必要ないので、ルールに従って作成すれば良いので簡単です。退職の意向をまずは直属の上司に話した上で書類を作成しましょう。


退職願い提出後のポイント、転職に向けて~

退職願はこう書かないといけない!と決まっているわけではないので、必要事項が抑えてあれば問題ありません。さて、退職願いを提出したからといって終わりではありません。転職に向けて必要な書類を手配しておくようにしましょう。まず、あなたが会社から受け取る書類は下記のとおりです。


源泉徴収票
年末調整
年金手帳
離職票
雇用保険被保険者証(※失業給付の受給に必要)

また、逆に健康保険証は会社へ返却しなければいけませんので、ご注意を。


お勧め転職支援サービス

リクルートエージェント

お勧め転職支援サービス
転職なら[@type] キャリア転職サイト

スキルを登録しておくだけで、あなたの合格する可能性の高い求人を@typeのシステムが自動的にピックアップします。
ジョブリンク

5社の派遣会社に一括登録できるし新しいお仕事がいっぱい!

このページのトップへ